マヌカハニーの選び方

さあマヌカハニー生活をこれから始めるぞ!でも、どれがいいの?

マヌカハニーに含まれる特別な殺菌成分である食品メチルグリオキサールは、
マヌカが生息する大地のクオリティや木々の密度、そして純度などによって大きく違うからです。

 

マヌカハニーに含まれる食品メチルグリオキサールの量はおおよそ0〜600mg/kgで、
550mg以上が含まれるマヌカハニーは全体の1%未満しかありません。

 

食品メチルグリオキサールが多く含有されているにつれ殺菌パワーがアップすることか
ら健康的な体になるために効果を見せてくれますが、全体の収穫高のおおむね9割のマヌカハニーは
100mg/kg以下だけしか食品メチルグリオキサールが含有されていません。

 

ということでどうすれば健康的な体に導いてくれるマヌカハニーを選ぶことが出来るのでしょうか?

 

 

目安にしたいUMFという規格

UMFはマヌカハニーに含有されるメチルグリオキサールにどれだけの殺菌作用があるかを示す規格なのです!
なぜUMFという規格があるかというと、1990年代後半、マヌカハニーが健康になる上で非常に効果が高い
食品だということで一気に注目されたんですね。

 

そこでニュージーランドの人は、マヌカハニーっていうだけで何でもかんでも買いあさるという言動に走ったのです。
でもその買いあさられたマヌカハニーの中には、対して殺菌効果など効能が低いものもあったんです。

 

そこで、誕生したのが、UMFRという新たなブランドマークなんです。
幾人かのエキスパート・研究者が協力し合ってUMF協会を設立しマヌカハニーの殺菌効果をデータ化することで
健康改善に効果を発揮するマヌカハニーが一目見た瞬間に見分けられるようにしたんです。

 

マヌカハニー

UMF以外にも、

現在ではUMFにとどまらずUMFと似た検査方法によってデータ化を実施するMGS、
食品メチルグリオキサールそのものの内包量を示すMGO、
過酸化水素と食品メチルグリオキサールも合わせた殺菌効果を
表示させるTA(Total Activity:トータル・アクティビティ)、加えてUMFとからきし同じ様な検査を実施する
NPA(Non-Peroxide Activity:非過酸化水素アクティビティ)といった新規格が存在します。

 

ランキング